葛飾北斎 一筆画譜

葛飾北斎・画
かつしかほくさい

『一筆画譜』 
いっぴつがふ

文政六年(1823)頃、半紙本、一冊、[永田コレクション]

Katsushika Hokusai (artist)
Book of one brush paintings (Ippitsu gafu)
[Nagata Seiji collection]

一本の線で物の形を表す「一筆画」の描法を集めた絵手本です。本書の序文によると、名古屋の福善斎(丹羽嘉言)の一筆画を目にした北斎が、その見事さから世に埋もれさせることを惜しみ、出版されたようです。本書は好評であったらしく、後年『一筆絵本』という縮小模刻本が出版されました。
読み方:福善斎=ふくぜんさい/丹羽嘉言=にわよしのぶ