葛飾北斎・画 伝神開手 北斎漫画

葛飾北斎・画
かつしかほくさい

『伝神開手 北斎漫画』
でんしんかいしゃ ほくさいまんが

文化十一年(1814)、半紙本、一冊、[永田コレクション]

Katsushika Hokusai (artist)
Hokusai sketches (Hokusai manga) vol.1
[Nagata Seiji collection]

文化九年(1812)に北斎が名古屋の門人牧墨僊宅で描いた300余図の下絵を基に、その2年後に出版されたのが本書です。当初は一冊のみの出版予定だったのか、初摺本では「初編」の文字がみられません。好評のため以後も続刊が出版され、北斎没後の明治十一年(1878)の十五編をもって終了しました。「漫画」とありますが物語性があるものではなく、絵を学ぶ者にとっての絵手本であり、職人のための図案集でした。北斎は様々な人物、動植物、建物、日用品、風景、気象などの森羅万象を描き尽くし、その挿図数は3000余図にのぼります。
読み方:牧墨僊=まきぼくせん

関連画像
葛飾北斎・画 伝神開手 北斎漫画
葛飾北斎・画 伝神開手 北斎漫画
葛飾北斎・画 伝神開手 北斎漫画
葛飾北斎・画 伝神開手 北斎漫画